チンチョン撲滅運動

0
ケニアのこと・ケニア人のこと
地球のみなさんこんにちは!
ケニアで青年海外協力隊として活動している平岡咲幸希です。

みなさんは「チンチョン」という言葉を聞いたことがありますか?
私はケニアに来て初めて耳にしました。
ケニア人から毎日のように「チンチョン!」って言われるんです。
今日はその「チンチョン」についての話です。


チンチョン問題

ケニアだけじゃなく、アフリカや中東の多くの地域でアジア人は「チンチョン!」と声をかけられるようです。
「チンチョン」という言葉自体に意味はありません。中国語の発音をマネているのです。
つまり、アジア人は全員中国人だと思っている人たちが言ってくる言葉です。

中国人と間違えられるのは仕方ないし、何とも思いません。
問題は言い方です。
中にはにこやかに、何の悪気もなさそうに言う人もいます。
しかし大多数はニヤニヤしながら、からかうように言ってくるんです。
それが中国人のみならず、多くのアジア人を不快にしています。
私はいちいち気にしていませんが、言われていい気はしないものです。

このようにケニア人(現地人)がそこいらの道端で、見ず知らずの中国人(とその他のアジア人)をからかう現象を「チンチョン問題」と呼んでいます。


本当にからかっているのか?

「ケニア人は中国人をバカにしている!」
「差別用語だ!」
「中国はケニアに貢献しているんだからもっと敬うべきだ!」
「そもそも俺は日本人だ!」

と怒っている隊員も多く、時にはケニア人とケンカになりそうなこともあります。
それが大多数の日本人の意見だと思います。
ですが私はそんなに怒るほど気になっていなかったんです。
確かにからかわれているという感覚になることはありました。
でもそれはアジア人に興味があるから、仲良くなりたい気持ちがあるからなんじゃないか?と都合よく捉えていました。
小学生の男の子が好きな女の子にちょっかいをかけるようなものだと。
なので私は「チンチョン」と言われたところで、中国人と間違われたーと思うくらいであまり気にしていませんでした。

実際に「チンチョン」と言ってきた人に話を聞いてみると、中国人を馬鹿にして(嫌って)言ってる人もいれば、アジア人を見たら言うものって感じで反射的に(?)言ってる人もいるみたいです。


チンチョン撲滅運動

言われてもあまり気にしないとは言え、いい気はしない。それにアジア人の多くが嫌がっていることなのでできれば言わないでほしい。
という思いから、時間があるときは「チンチョン」と言ってきたケニア人と話すようにしています。

なるべく悲しそうに、真剣に、そして上品な口調で諭すのがポイント。
「チンチョンはアジア人を馬鹿にする悪い言葉」「ブラックモンキーと同じように差別用語と捉える人も多い」「私はケニア人と仲良くしたいのにそんなふうに言われるのは悲しい」
こういった言葉を並べると、だいたいの人が「ごごごごめんよぉ~(あたふた)」ってなる。

何度も言うが、悲しそうに諭すのが大切。

怒ることはエネルギーを消費するわりに効果が薄いのです。
特に私の場合なぜかナメられやすいから、怒ると相手が喜んでしまう。

悲しそうにするっていうのは、値切るときにも使える技である。

ケニアで身につけた省エネの技『女優になる』

地球のみなさんこんにちは!今日はケニア生活で身につけた省エネの技を紹介します。省エネと言っても、電気やガスといったエネルギーを節約することではありません。自分が持っているエネルギーの消費を節約しつつ、効果を発揮する技のことです。それは「悲しい演技をする」というものです。使用場面を紹介していきます。使用場面①値切り交渉市場で買い物をするときや、運賃がはっきり決まっていない乗り物に乗るときの値切り交渉...



地道な活動やけど、次に会ったときからは絶対にチンチョンって言ってこないから効果はある。
いつかケリチョから「チンチョン」という言葉が消えて、「チンチョン」とか言ってるやつマジだせぇ~みたいな風潮が世界に広まったらいいな~。

0 Comments

Add your comment

前の記事
次の記事