アフリカ布の話①カンガのポテンシャルが半端ない

0
ケニアのこと・ケニア人のこと
地球のみなさんこんにちは!
ケニアで青年海外協力隊として活動している平岡咲幸希です。
今日はアフリカ布の話第一弾として、ケニアのカンガを紹介します。

アフリカ布ってどんなん?
キャプチャ
↑「アフリカ布」をグーグルで検索するとこんな感じです。
鮮やかな色・柄が特徴の、アフリカ各地で古くから親しまれている布です。
その呼び方は地域により異なります。私が住んでいるケニアには主に「キテンゲ」「カンガ」と呼ばれる二種類のアフリカ布があります。(他にも民族ごとの特徴的な布もあるけど今回は省略。)

「キテンゲ」の方はアフリカの広い地域にあるようです。ザンビアでは「チテンゲ」と呼ばれていると聞きました。西アフリカのガーナでも別の呼び方ですが同じような布があります。
地域によってデザインの特徴など違いはあると思うのですが、キテンゲはアフリカ各地に溢れていてネットでの情報も多いので、今回はカンガを紹介します。


カンガはこんなん
RIMG31211.jpg
↑カンガ。外側と内側で2種類のデザインが組み合わされているのはカンガの特徴の一つ。

キテンゲがアフリカ各地で親しまれているのに対し、カンガはケニア・タンザニア・ウガンダなど東アフリカの数か国にしかないみたい。
というのも、カンガの一番の特徴は「スワヒリ語の格言やことわざが書かれている」ということ。上のカンガの写真もよく見ると下の方に言葉が書かれています。
だからスワヒリ語を使う地域にしかないんやと思う。もしかしたら他の地域には他の言語で言葉が書かれている布があるんでしょうか?ご存知の方がいらっしゃったら教えてください!

例えば私が買ったカンガの半ズボンにはこう書いてあった。
FURAHA YAKO NI FURAHA YANGU(あなたの喜びは私の喜び)
MUNGU(神)とかPENDO(愛)って言葉がよく使われてるから人気みたい。
デザインだけじゃなく言葉でも楽しめるのがカンガのいいところなんです!

カンガはサイズも特徴的です。160cm×110cmと決まっています。
実はこのサイズ、非常に使い勝手がいい◎
ケニア人はカバンみたいに使ったり、ターバンにしたり、テーブルクロスにしたり、バスローブにしたり…
赤ちゃんを背負うときにもよく使われています。
IMG_7247.jpg

服としても優秀です。スカートは定番ですが、トップスやワンピースにもなる不思議な布です。
↓どれも同じ一枚のカンガです。
image004.png
切ったり縫ったりしなくてもこれだけ楽しめるカンガのポテンシャルすごくないですか?
使い方は自由自在!そういう点では日本のふろしきや手ぬぐいにも似ていますね。
もちろん、カンガを仕立て屋さんに持って行ってオーダーメイドの服を作ってもらうこともできますよ!

自分好みのデザインと言葉の組み合わせを探すのは宝探しのようで楽しいです。
ケニアにお越しの際は是非あなたにぴったりのカンガを探してみてください!

以上、アフリカ布の話第一弾でした。
第二弾はアフリカ布で作った意外なものを紹介します(^^)

0 Comments

Add your comment

前の記事
次の記事