【準備編】3日間のファスティング(断食)がもたらした体の変化

0
やってみたシリーズ
地球のみなさんこんにちは!
ケニアで青年海外協力隊として活動している平岡咲幸希です。

私はケニアに来てからの1年間、ずっとアレルギー性鼻炎に悩んでいます。
小学生の頃から花粉症で、去年の3月末に日本を発ったときには「花粉症から解放される!わーい!」ってなってたんですが、ケニアにはケニアの、なんらかのアレルゲンがあるみたいです。
ナイロビにいても、任地のケリチョにいても、家にいても、外出してても鼻水とくしゃみが出る。四六時中というわけじゃないし、症状の度合いに波はあるけど、くしゃみ連続10回以上出るときはきつい。
毎日トイレットペーパーで鼻かんでるから鼻の下ひりひりするし。(ケニアに鼻セレブなんてない。)

今は日本で鼻の粘膜レーザーで焼く治療してきたら良かった!!って心から思ってる…。
ケニアではそんな治療やってくれるところなさそうやし、あったとしてもあんまりケニアではやりたくない。
しかし残り1年のケニア生活も鼻水とくしゃみと付き合っていくのは嫌やな…と思い、自力で治せる方法を探し始めました。
そして辿り着いたのがファスティング(断食)という方法。


ファスティングとは
一定期間何も食べないこと。それにより、デトックス・腸の浄化・免疫力アップ・血液浄化など様々な効果があるとのこと。
注目の効果は「腸の浄化」で、これにより免疫力がアップしてアレルギー体質が改善されたという事例がたくさんある。
詳しいことはよく分からんが、腸に溜まってる有害物質が排出され、腸内環境が良くなったらいろいろ体にいいことがあるらしい。
これで鼻水・くしゃみとお別れできる可能性があるなら試す価値あり!


ファスティングの自分ルール
ファスティングの期間は、1日とか1週間とか、いろいろあるみたい。今回はネットで一番よく見かけた3日間のファスティングに挑戦することにした。
ガチのファスティングは水しか飲まんみたいやけど、さすがにそれは耐えられる気がしないので液体状のもの(ドロドロしたやつも含む)なら飲んでいいことにした。野菜ジュースや牛乳など体に良さそうなやつだけね。コーラとかはNG。
水はたくさん飲む。1日2リットル以上。


ファスティングの準備
いきなり何も食べないのは体に良くないので、準備がとっても大切らしい。3日間のファスティングならだいたい2日前から食事量を減らすのがいいみたい。
私はなんとなく準備期間を3日間とってみた。

準備期間中の食事はこんな感じ。

1日目朝 トースト2枚・ヨーグルト
1日目昼 ポリッジ・スイカ一切れ・食パン1枚
1日目夜 バナナ・ヨーグルト・トウモロコシのお菓子

2日目朝 トースト1枚・バナナ1本
2日目昼 ポリッジ・オレンジ1個・バナナ1本・ヨーグルト・トウモロコシのお菓子
2日目夜 ゆで卵1個・オレンジ1個・ヨーグルト

3日目朝 オレンジ1個・バナナ1本・ヨーグルト
3日目昼 ポリッジ・バナナ1本・ゆで卵1個・トウモロコシのお菓子
3日目夜 バナナ1本・アボカド大半分・ヨーグルト

準備2日目から、やたらとトイレが近くなった。
昼はポリッジだけにしようと思ってたのに、職場でパンや果物をもらってしまった。
なるべく体に良さそうなもの・消化に良さそうなものを食べたけど、トウモロコシのお菓子の誘惑に勝てなかった。


雑感
準備段階ではトイレが近くなる以外には体の変化なかったな。
少ない食事量でも意外と辛くなくて、この調子ならファスティングできそうって思った。
この食事量で普通に生活できてるから、今までいかに食べ過ぎてたかを実感するよね。

翌日から辛いファスティング本番が始まる…
長くなってきたから続きはまた今度。



本番~その後編も書きました!

【本番~その後編】3日間のファスティング(断食)がもたらした体の変化

地球のみなさんこんにちは!ケニアで青年海外協力隊として活動している平岡咲幸希です。アレルギー性鼻炎を改善したくて、3日間のファスティング(断食)に挑戦しました!ファスティングとは言っても牛乳やスムージーなど、飲み物はOKというルールでやってみました。そのときに起きた体の変化を記録に残しておこうと思います。ファスティングの準備編はこちら。【準備編】3日間のファスティング(断食)がもたらした体の変化地球の...

0 Comments

Add your comment

前の記事
次の記事