ケニアで人気No.1の観光スポット「マサイマラサファリ」の裏側

0
ケニアのこと・ケニア人のこと
地球のみなさんこんにちは!ケニアより平岡です。
今日は先日書いたケニアで人気No.1の観光スポット、マサイマラサファリの話の続きです。

マサイマラについて、詳しくはこちら↓

ケニアで人気No.1の観光スポット「マサイマラサファリ」の思い出と安く行く方法

地球のみなさんこんにちは!ケニアより平岡です。今日はケニアのサファリの話です。私は動物が好きで、ケニアに派遣が決まったときには「サファリ行ける~!いえーい!」と思ったものです。実際ケニアに来てからこれまでに・ナイロビ国立公園(詳しくはこちら)・ナクル湖国立公園・ツァボ国立公園・ヘルズ・ゲート国立公園(ナイバシャ)・マサイマラ国立保護区に行くことができました。どのサファリも違った楽しみ方ができて、一...


マサイマラではたくさんの動物を見ることができて、本当に楽しかったのですが、実は裏側で少し残念なこともありました。

人間が野生動物の暮らしを邪魔しているんじゃないか?と感じる場面が多々あったんです。
例えば、それが顕著に表れているのがこれらの写真。
InkedRIMG5344_LI.jpg
くつろぐチーターたちを取り囲む30台以上のサファリカー。
こんなに見られてたらゆっくり休めそうにない。


ライオンも多数のサファリカーに道を塞がれている。
RIMG5316.jpg
ライオンにとっては迷惑なのでは…??

それに観光客が乗るサファリカーは、保護区内では走れる場所が限られている。ちゃんと道っぽくなってるところだけ走ってもいいルールになってる。
しかし人気の肉食動物がいるとなると、より良い写真を撮ろうと、より近くで見ようと、ルールを破って車で入ってはいけないエリアに入ってしまう人もいる。
動物たちを守ってお互いに安全に楽しむためのルールなのに、そのルール破っちゃうのは悲しい。


極めつけは、写真は撮れなかったけど、、、
リクガメが車に轢かれて死んでた。
これはサファリカーが通っていい道やったけど。石と間違えられたのか?がっつり車に轢かれて無残な姿になっていた…。ひき逃げやん。

サファリで「野生動物いえ~い!」だった気持ちが一気に冷めたというか、現実に戻った。
自然界に人間が入り込むといいこと無い。きれいな海も山もゴミだらけやし、サファリでは動物取り囲んできゃっきゃしてるし、カメは轢かれてるし!!もう人間はこれ以上自然界の邪魔するのやめよう!!と言いたい。

とは言えサファリはケニアの重要な観光収入源。せめてルールを守って、できればもっとルールを厳しくしたり、入場者数を制限したりして、動物と自然を大切にできればな…という気持ちになったマサイマラ自然保護区での出来事でした。

0 Comments

Add your comment

前の記事
次の記事