マダガスカル旅行を効率的に全力で楽しむ方法

0
旅行
地球のみなさんこんにちは!
ケニアより平岡です。

先日マダガスカルへ旅行に行ってきました!
それはそれは素晴らしい国だったので、数回に分けてご紹介します。
今回はマダガスカル旅行を楽しむために重要なポイントです。


マダガスカルってどんなとこ?

RIMG5516.jpg
マダガスカルはアフリカ大陸の東側、インド洋に浮かぶ世界で4番目に大きな島です。
バオバブ街道やワオキツネザルが有名ですね。
国土は日本よりも広いのですが、交通機関はあまり発達しておらず…旅行の際は国内移動が重要なポイントとなります。

そして移動の次に旅の障壁となるのが言語です。通じる言語はマダガスカル語とフランス語。英語はほとんど通じません。
SIMカードの購入やレストランでのオーダーなど、節々で言語の壁が立ちはだかります。
言葉は難しいけど、元フランス領というだけあって食事はとても美味しいです。


移動を制する者はマダガスカルを制す

RIMG5699.jpg
先にも述べたように、マダガスカル旅行では移動が何よりも重要なポイントとなります。
マダガスカルでの主な移動手段は以下の通り。

①タクシーブルース

旅行者の間では「地獄の乗り物」として有名な乗り合いバスである。
マダガスカルに住んでいる人たちは普通これに乗る。庶民の足と言える乗り物。
「地獄の乗り物」と呼ばれる所以は、その社内の狭さが一番だろう。膝を抱えないと座れないほどだそう。
しかも、その状態で広いマダガスカルを10時間も20時間も走ったりする。
また、乗客が満員になるまで出発しないので、時間が限られた旅行では使いづらい。

②バス

タクシーブルースよりも少しランクアップ。バスなら少しは快適な旅ができるだろう。
ただしバス会社は少なく、本数も少ない。
時間に限りのある旅行で使うにはややリスキーである。

私はできれば現地のスタイルで、①タクシーブルースと②バスで移動したかったが、時間の都合により断念。
マダガスカルには見どころがたくさんあるので、短期間でできる限りいろいろなところを周ろうとすると、効率的ではないのです。
「バオバブ街道だけ見れたらいい!」などと的を絞った旅なら上記の乗り物の選択肢もアリかなとは思いますが、我々は貪欲。結局以下の③飛行機と④チャーター車で移動することになりました。

③飛行機

トラブルが多い。私もトラブルにあったのであまり利用はおすすめしない。

私たちはマダガスカル国内線を事前に予約していました。
もちろんタクシーブルースやバスより値段は高いけど、車で丸2日かかる距離を1時間で移動できるならお金を払う価値があると判断しました。
しかしマダガスカルに着いた後、マダガスカル在住の協力隊員から聞いた話によると、マダガスカル国内線の遅延・欠航は日常茶飯事とのこと。

そして案の定、私たちが予約していた便も欠航となりました…。
しかも事前連絡は無く、フライトの当日に空港に着いてから欠航になったことを知りました。
急遽別の航空会社で代替え便を手配して目的地にはたどり着けましたが、未だに欠航になった便の料金は返ってきていません!(おこ!)

欠航になった航空会社は「Madagasikara Airways」、予約の際に利用した代理店は「Kiwi.com」です。
ご利用の際はご注意ください!
そしてマダガスカルで飛行機を利用する際は、前日や当日に航空会社へ問い合わせて便に変更がないか確認しましょう!(リコンファームが必要なんて知らんかったー!)

④チャーター車

結局のところ、移動はチャーター車がダントツでオススメです。
旅行会社のHPから事前に予約することもできますし、到着後空港タクシーをチャーターすることも可能です。

チャーター車のいいところは主に以下の2つ。
・ドライバーさんがガイド兼通訳の役割も果たしてくれる(英語が通じない国なのでめちゃくちゃ助かる。)
・融通が利く、寄り道ができる(途中のちょっとした観光スポットや絶景スポットに立ち寄れる。トイレも安心。)

私たちは6泊7日、移動距離は950km超え(ドライバーさんは帰り道もあるのでトータル1900km以上運転することになる…)という条件だったにも関わらず、お値段はなんと600USDでした!ガソリン代や、ドライバーさんの食事・宿泊代など全て含んだお値段です。
3人で行ったので1人あたり200USDで快適な旅行ができました!

【結論】マダガスカル旅行は数人の仲間&ダイナと一緒に行くのが一番!

InkedRIMG5588_LI.jpg
まとめるとこういうこと。
・マダガスカルでの移動は車をチャーターするのが一番効率的!
・さらに2~3人の仲間とシェアすると安くて楽しい!
・ドライバーさんはダイナが最高!


ダイナは私たちのドライバーさんの名前ですw
めちゃくちゃ優しくて気が利くいい男。急な依頼にも対応してくれるし、英語が話せるし、もちろん観光スポットにも詳しい。
最高のドライバー兼ガイド兼通訳さんに出会えました!
ダイナのお陰でマダガスカル旅行が上手くいったと言っても過言ではない。本当に大満足の旅行になりました。

もしもダイナ無しでタクシーブルースで移動していたら、バオバブも見れず、ワオキツネザルにも会えなかった可能性が高い。
それくらい、タクシーブルースでの移動は難易度が高く、ドライバーさんの存在は大きい。
ちなみに私は過去に過酷なバスの旅は何度も経験済。それでもおとなしくドライバーさんを雇って良かったと思える旅だったのです。

ダイナにはお世話になりすぎて、お別れのときは少し寂しくなってしまった。
ダイナ、ありがとう。

ダイナを紹介してほしい方は連絡くださいね。
次回はダイナに連れて行ってもらったマダガスカルのおすすめスポットをご紹介します!

0 Comments

Add your comment

前の記事
次の記事